W杯後のケープタウン・スタジアム-次なるイベントへ向けて

W杯後のケープタウン・スタジアム-次なるイベントへ向けて
拡大する

 7月11日に閉幕した「FIFA ワールドカップ南アフリカ大会」において、準決勝など8試合の試合会場となった「ケープタウン・スタジアム」。8月27日には、南アフリカのサッカー国内プロリーグ「プレミア・サッカー・リーグ(PSL)」が同スタジアムにて再開、次のイベントへ向けて動き出すことになった。

 ケープタウン・スタジアムは、ワールドカップのために新設された競技場。2年以上におよんだ建設工事は、2009年12月に、当初の予定通りの日程で完成し、ワールドカップ8試合の試合会場として利用された。ワールドカップ時の収容能力は、68000席。

 8月27日のイベントに際して、同スタジアムの管理を担当するSAIL/Stade de France(南アフリカのSAILとフランスのスタッド・ド・フランスによる合弁事業)のMorné du Plessisさんは、「誰もが歓迎されるイベントとなるでしょう。」と話す。

 また、ケープタウン市は、ワールドカップ期間中に、同スタジアムやFIFA公式ファンフェスト、パブリックビューイング会場などで警備やボランティアなどに従事し、試合観戦することができなかった人々に対する感謝を込めて、今回のイベントに招待する意向だという。

 Morné du Plessisさんは、「ケープタウン・スタジアムは、市内のあらゆる人々にとっての会場として建設されました。また、今やケープタウンの象徴であり、あらゆるイベントに対応可能な設備を整えた施設なのです。」と話す。

 イベント当日の試合は2試合。18時から、今シーズンから下部リーグよりプレミア・サッカー・リーグに昇格したケープタウンを本拠地とするヴァスコ・ダ・ガマFCとオーランド・パイレーツFC(ヨハネスブルグ)が対戦。次いで、20時45分から、ケープタウンを本拠地とするアヤックス・ケープタウンFCとブルームフォンテーン・セルティックFCが対戦する。

 試合の前後には、音楽ライブなどが開催される予定。詳細については未定。さらに、ワールドカップ期間中に盛り上がりを見せたケープタウン市街中心部のファンウォークを開放。公共交通機関に関しても、ワールドカップと同様の準備が進められている。

 同スタジアムの管理を担当するSAIL/Stade de Franceによると、南アフリカ代表チーム「バファナバファナ」の国際親善試合、チャリティ・マッチ、大規模なコンサート、大晦日のカウントダウン・パーティー、国内外のサッカークラブが参加するトーナメント「ボーダコム・チャレンジ」、来年2月に開催のサッカー・フェスティバルなど、今後もイベントを続々と開催予定。

 また、ケープタウン・スタジアム・ビジター・センターは、8月3日に営業を再開する。

▼[地図] Cape Town Stadium▼

Green Point, Cape Town, Western Cape 8001, South Africa



[関連記事]


(最終更新: 8月 3 日 1:27)



Trackback URL

タグ - 関連キーワード


新着記事



新着・お知らせ情報一覧

[お知らせ一覧ページ]

ケープタウン新聞RSS

RSSケープタウン新聞をRSS購読する

ソーシャルブックマーク登録

はてなブックマークに追加 はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 Delicious livedoor クリップに登録 twitterでつぶやく mixiコミュニティ - ケープタウン新聞 muti

アクセスランキング

    None Found
【2010 W杯特集】2010 FIFAワールドカップ南アフリカ大会 開催会場完全ガイド

賃貸・不動産情報国内最大級のホームルーム