ケープタウン市、W杯前半の経済効果を発表-観光施設の客足大幅増

ケープタウン市、W杯前半の経済効果を発表-観光施設の客足大幅増
拡大する

 ケープタウン市は、「FIFAワールドカップ南アフリカ大会」の前半戦におけるケープタウンの経済効果に関する調査を実施。レストランやホテル、ショッピングモールなどで、例年を大幅に上回る客足を示していると発表した。

 ケープタウンにおけるビジネスは、ワールドカップのために海外から最初のチームが南アフリカに訪れて以降、特に活発になってきている、とケープタウン観光局の担当者Mansoor Mohamedさんは語る。

 また、Mohamedさんは、「ワールドカップ開幕後最初の1週間で、ケープタウン市街のショッピングモール、V&Aウォーターフロントは記録的な客足の伸びを示しています。また、キャベンディッシュ・スクエアやセンチュリーシティー、タイガー・バレー・センターなどの市内のショッピングモールにおいても、大幅な売り上げの増加が見られます。ケープタウンのレストランにおいても、予想以上の売り上げを示しています。」と話す。

 グリーン・マーケット・スクエアなどケープタウン市内のほとんどの市場においても、ワールドカップ開幕以降、取り引きが活発になっている。

 宿泊施設の利用者に関しては、予想より2割から4割低く、やや低調となっている。ただし、低価格な宿泊施設は、比較的好調。

 ケープタウン市は、ヨハネスブルグ近郊でワールドカップ観戦を楽しんだ人々が、ワールドカップ期間の終盤に、観光のためにケープタウンを訪れると見ており、今後の宿泊者数の増加に期待している。調査によると、以前の予想に比べ、海外からの訪問者は、より長い期間、南アフリカに留まるとしており、さらなる経済効果が期待できるという。

 ケープタウン市は、ワールドカップ全日程終了後に、最終的な経済効果を発表する予定としている。

Photo (c) Cape Town Tourism.

▼City of Cape Town▼

南アフリカ



[関連記事]


(最終更新: 6月 29 日 0:07)



Trackback URL

タグ - 関連キーワード


新着記事



  • シネマアフリカ
    「アフリカが語るアフリカを日本へ」をコンセプトに、日本でアフリカ映画を紹介しています!

新着・お知らせ情報一覧

[お知らせ一覧ページ]

ケープタウン新聞RSS

RSSケープタウン新聞をRSS購読する

ソーシャルブックマーク登録

はてなブックマークに追加 はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 Delicious livedoor クリップに登録 twitterでつぶやく mixiコミュニティ - ケープタウン新聞 muti

アクセスランキング

    None Found
【2010 W杯特集】2010 FIFAワールドカップ南アフリカ大会 開催会場完全ガイド

賃貸・不動産情報国内最大級のホームルーム